2015年01月03日

売れないメルマガの理由

というもの最近、メルマガに関する
質問や相談をたくさんいただきます。


そして、そのほとんどがメルマガを
始めましたが、なかなか売上が上が
りません、というものです。


メルマガはどんなビジネスにも
使える万能のツールです。


ですが、その反面、使い方を間違え
ると、全く結果が出ない。


こんなこともよくあります。


売上が上がらない原因はたくさん
あると思います。


ですが、大きな原因は2つです。


1、読者さんの役に立っていない
2、コンテンツと広告のバランスが悪い


この2つを改善することで、間違い
なく結果が出てきます。


それでは詳しく解説したいと思います。


------------------------------
1、読者さんの役に立っていない
------------------------------


メルマガはテレビやラジオと一緒で、
自分で持つことができるメディアです。


なので、視聴率の悪いテレビ番組が
なくなるのと一緒で、役に立たない、
あるいは、面白くないメルマガは売れ
ません。


当たり前といえば、当たり前ですが、
とても重要なことです。


では、役立つメルマガを書くには、
どうすればいいのでしょうか。


答えは簡単です。


自分が書きたい記事を書くのではなく、
読者さんが読みたいと思う記事を書く。


そして、それを誰でも分かるように
シンプルにあなたの言葉で書く。


これだけです。


読者さんが唯一、興味があること。


それは読者自身のことです。


なので、読者が何を望み、何に悩んで
いるのかをリサーチして、その解決策
を提供しなければなりません。


読者さんにとって役に立った結果、
少し遅れて売上がついてくると覚え
ていただければと思います。


それと前にも紹介したので、すでに
持っている方も多いと思いますが、


役立つコンテンツの書き方について
はこの本がおすすめです。


いい本なので、返金する人はいないと
思いますが、一応、返金保証もついて
ますので、リスクはゼロです。


まだでしたら、手に取っていただけ
ればと思います。


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4532605377/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4532605377&linkCode=as2&tag=muryoudekaseg-22




------------------------------
2、コンテンツと広告のバランスが悪い
------------------------------


これはメディアビジネスの基本です。


4大メディアというとテレビ、雑誌、
ラジオ、新聞になりますが、メルマガ
やフェイスブック、ブログなども同じく
メディアになります。


そして、どのメディアもそうですが、
メディアを使ったビジネスは基本的に
2つの要素によって成り立っています。


その2つとは、コンテンツと広告です。


テレビで例えると、番組はコンテンツ、
広告はコマーシャル。


テレビに限らず、雑誌や新聞にも
同じく記事と広告があります。


これはメルマガも一緒です。


ここで大切なのは、コンテンツと
広告のバランスです。


例えば、


楽天などで商品を買ったりすると、
買ったお店から商品がずらっと並んだ
メルマガが届いたりしますが毎回、
読む気になるでしょうか。


それ意外にも、


3分に1回、CMが入るようなCM
ばかりのテレビ番組があったら、
どうでしょうか。


きっと見る気がしないと思います。


もっと言うと、


気になる異性に対して毎日、好きです、
愛してます...ってメールを送ってたら
相手はどう思うでしょうか。


きっと、いつしかメールを開くこと
すらしなくなると思います。


つまり、何が言いたいのかと言うと
コンテンツのない広告は読まれない、
ということです。


このことを知っていると、自然と
メルマガの使い方も分かってくる
と思います。


一度、読まれなくなったメルマガを
再度、読んでもらうのはとても労力
がかかります。


なので、送る前にしっかり広告と
コンテンツのバランスを考えて送る
ようにしていただければと思います。


それと、1通目のメールは2通目を
読んでもらうためのメール。


そして、2通目のメールは3通目を
読んでもらうためのメール。


このようにメールは繋がっていると
考えると、自然と送るメールの質も
高まっていきます。売れないメルマガの理由


というもの最近、メルマガに関する
質問や相談をたくさんいただきます。


そして、そのほとんどがメルマガを
始めましたが、なかなか売上が上が
りません、というものです。


メルマガはどんなビジネスにも
使える万能のツールです。


ですが、その反面、使い方を間違え
ると、全く結果が出ない。


こんなこともよくあります。


売上が上がらない原因はたくさん
あると思います。


ですが、大きな原因は2つです。


1、読者さんの役に立っていない
2、コンテンツと広告のバランスが悪い


この2つを改善することで、間違い
なく結果が出てきます。


それでは詳しく解説したいと思います。


------------------------------
1、読者さんの役に立っていない
------------------------------


メルマガはテレビやラジオと一緒で、
自分で持つことができるメディアです。


なので、視聴率の悪いテレビ番組が
なくなるのと一緒で、役に立たない、
あるいは、面白くないメルマガは売れ
ません。


当たり前といえば、当たり前ですが、
とても重要なことです。


では、役立つメルマガを書くには、
どうすればいいのでしょうか。


答えは簡単です。


自分が書きたい記事を書くのではなく、
読者さんが読みたいと思う記事を書く。


そして、それを誰でも分かるように
シンプルにあなたの言葉で書く。


これだけです。


読者さんが唯一、興味があること。


それは読者自身のことです。


なので、読者が何を望み、何に悩んで
いるのかをリサーチして、その解決策
を提供しなければなりません。


読者さんにとって役に立った結果、
少し遅れて売上がついてくると覚え
ていただければと思います。


それと前にも紹介したので、すでに
持っている方も多いと思いますが、


役立つコンテンツの書き方について
はこの本がおすすめです。


いい本なので、返金する人はいないと
思いますが、一応、返金保証もついて
ますので、リスクはゼロです。


まだでしたら、手に取っていただけ
ればと思います。

最も参考になる本




------------------------------
2、コンテンツと広告のバランスが悪い
------------------------------


これはメディアビジネスの基本です。


4大メディアというとテレビ、雑誌、
ラジオ、新聞になりますが、メルマガ
やフェイスブック、ブログなども同じく
メディアになります。


そして、どのメディアもそうですが、
メディアを使ったビジネスは基本的に
2つの要素によって成り立っています。


その2つとは、コンテンツと広告です。


テレビで例えると、番組はコンテンツ、
広告はコマーシャル。


テレビに限らず、雑誌や新聞にも
同じく記事と広告があります。


これはメルマガも一緒です。


ここで大切なのは、コンテンツと
広告のバランスです。


例えば、


楽天などで商品を買ったりすると、
買ったお店から商品がずらっと並んだ
メルマガが届いたりしますが毎回、
読む気になるでしょうか。


それ意外にも、


3分に1回、CMが入るようなCM
ばかりのテレビ番組があったら、
どうでしょうか。


きっと見る気がしないと思います。


もっと言うと、


気になる異性に対して毎日、好きです、
愛してます...ってメールを送ってたら
相手はどう思うでしょうか。


きっと、いつしかメールを開くこと
すらしなくなると思います。


つまり、何が言いたいのかと言うと
コンテンツのない広告は読まれない、
ということです。


このことを知っていると、自然と
メルマガの使い方も分かってくる
と思います。


一度、読まれなくなったメルマガを
再度、読んでもらうのはとても労力
がかかります。


なので、送る前にしっかり広告と
コンテンツのバランスを考えて送る
ようにしていただければと思います。


それと、1通目のメールは2通目を
読んでもらうためのメール。


そして、2通目のメールは3通目を
読んでもらうためのメール。


このようにメールは繋がっていると
考えると、自然と送るメールの質も
高まっていきます。


大切なことなので、ぜひ、覚えて
いただければと思います。






大切なことなので、ぜひ、覚えて
いただければと思います。


posted by すすむ at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

役に立つ記事を書く方法

メルマガ読者からの質問が来ましたので
共有致します。


いつも勉強になるメルマガをお送り
いただきありがとうございます。

今日は質問があってメールさせていた
だきました。

つい先日からメルマガアフィリエイト
を始めたのですが、なかなか記事を書く
内容が思う浮かばず苦戦しています。

役に立つ記事を書くのには
どうすればいいのでしょうか。

勉強して知識を増やすことは大切だと
思いますが、何かコツのようなものが
あれば、教えていただけると幸いです。

素人な質問ですいません。

よろしくお願いします。

------------------------------

ご質問ありがとうございます。


役に立つ記事を書く方法について
ですね。


それではお答えしたいと思います。


ご存知のとおり、メルマガは読者
さんがいてはじめて成り立ちます。


なので、読者さんが悩んでいること
や困っていることを解決できるよう
な情報を届けなければなりません。


つまり、読者さんの悩みに答えると
いうのが、一番、役に立つ情報にな
るということです。


それをやるには読者さんから直接、
何に困っているのかを聞いてみるの
が一番です。


ですが、最初のうちは、アンケート
などをやってもあまり数が集まらない
のが、現実だったりします。


そこで役立つのが、Q&Aサイトです。


Q&Aサイトとは、その名の通り、
掲示板に質問を投稿すると、それ
を見た人が回答して、問題を解決
するというサービスです。


例えば、


ネットショップの売上を上げる方法
をテーマにしたしているのであれば、
Q&Aサイトで"ネットショップ 悩み"
などと検索してみる。


アフィリエイトで稼ぐ方法をテーマ
にしているのであれば、Q&Aサイト
で"アフィリエイト 悩み"などと検索
してみる。


そうすると、それに関連した質問と
その回答がたくさん出てきます。


こんな感じにです。

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/



あとは、出てきた質問をチョイス
して、その質問の答えになるような
記事をメルマガで届ける。


これで、読者さんのニーズに合った
記事を毎回、書くことができます。


まずは読者さんがどんなことを
知りたがっているのかを聞いてみる。


それと合わせてQ&Aサイトで読者さん
が悩んでそうなことをリサーチする。


これをやるだけで記事の内容には
困らなくなると思います。


また、読者さんが抱えている悩みを
先回りして答えることで、信頼にも
つながりますので、ぜひ、試してい
ただければと思います。


posted by すすむ at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

斬新なアイデアを生み出す方法

アイデアを生み出すことはあなた
を劇的に進化させる方法の一つです。


新しいビジネスのアイデアもそうで
すが、コンテンツを作るときや戦略
を立てる上でも大切になってきます。


アイデアを生み出す方法はたくさん
ありますが、その中でも大切な考え方
を3つ紹介したいと思います。


その3つとは、

1、常識を疑ってみる
2、他の方法を考えてみる
3、組み合わせる

になります。


それでは解説していきましょう。


------------------------------
1、常識を疑ってみる
------------------------------


これは当たり前と思っていることや
できないと思っていることを疑って、
どうすれば取り除けるか考えてみる
ということです。


よくあるフリーペーパーなどは典型的
な例です。


雑誌 = 書店やコンビニなどで買うもの


有料でなければならないという概念
を取り除いて、無料にしているわけです。


その結果、お客様からではなく、広告主
から収益を得ることで成り立つビジネス
が出来上がったのです。


常識とは大多数の人が正しいと思って
いることです。


逆に非常識とは、少数の人が正しいと
思っていることです。


年収2000万円以上の人が全体の0.4%
という事実があるように、成功する
ためには少数派に入らなければなり
ません。


今までの常識や慣習にとらわれず
思いつく限り考えることが大切です。



------------------------------
2、他の方法を考えてみる
------------------------------


これは良いアイデアを生み出すため
のエクササイズでもありますが、一つ
の事実から、複数の方法を考えると
いうものです。


例えば、目の前にレンガがあった
とします。


そして、レンガの使い道をできる
かぎり多く考えます。


家を建てる、暖炉を作る、庭を作る、
壁を作る、人を殴る...


このようにいろいろなアイデアが
出てくると思います。


最初のうちは誰でも思いつくような
アイデアばかりですが、大切なのは、
より多くのアイデアを出すことに
慣れるということです。


メルマガ一つとっても人によって
使い道は異なります。


使い道を30通り出すと最初に決めて
やると、より効果的なので、ぜひ、
試していただければと思います。


------------------------------
3、組み合わせる
------------------------------


これはすでにあるものを組み合わせる
というやり方です。


一見、平凡なアイデアも組み合わせる
によって、斬新なアイデアになったり
します。


実際、人間の脳は複雑な概念を理解
できるかと思えば、単純明快なこと
に気づかなかったりするものです。


例えば、アイスクリームが発明され
たのは、紀元前2000年。


ところがアイスクリームのコーン
を発明したのは、それから3900年
も後のことです。


それ以外にも、


水洗トイレがつくられたのは、
1775年ですが、トイレットペーパー
が作られたのは、その82年後。


パンが焼かれていたのは、紀元前
2600年。そのはるか前には肉を
焼いていました。


ですが、この2つを組み合わせて
ハンバーガーを作ったのは、それ
から4300年後です。


どれもいったん組み合わせてしま
えば、当たり前なものです。


ですが、このように結びつけられて
ないものがたくさんあります。


とくにビジネスの世界では無数に
存在します。


他業種で当たり前のように使われて
いる集客方法が業種が異なるだけで
使われてなかったり...


そんなことはよくあります。


他業種の成功事例から組み合わせ
られるものはないかどうか。


今あるものを組み合わせることで、
斬新なものができないかどうか。


情報と情報を組み合わせて新しい
ノウハウを見つけ出せないかどうか。


組み合わせは一番、簡単な方法
なので、ぜひ、考えてみてください。


ビジネスをやる上で、他の人がやって
いないような新しいアイデアを生み出す
ことはとても大切です。


1、常識を疑ってみる
2、他の方法を考えてみる
3、組み合わせる


アイデアに困ったときはこの3つの
方法を試していただければと思います。


よりアイデアを生み出す力を勉強
したい場合はこの本がおすすめです。


ぜひ、チェックしてみてください。


アイデアのちから

posted by すすむ at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほとんどの人が知らない心理的なトリガー

心理的トリガーとは、お客さんの
心に働きかけて、心を動かす。


そして、ついには購入を決めさせ
てしまう最強の武器です。


これを使うことで、商品やサービス
の購入率を高めることはもちろん。


・メルマガの反応率を高める
・広告の反応率を高める
・お客さんからの信頼を得る


などなど。


いろんなシーンで役立ちます。


巧妙な心理的なトリガーはたくさん
ありますが、これらは知っておく
だけで、強力な武器になります。


例えば、フューチャーペーシング
と言われるもの。


これにはいろんな使い方があります
が、商品やサービスによって得られる
未来をより鮮明にイメージさせる。


それによって、結果的に購入に結び
つけるというものです。


それ以外にもリンキング。


これはあなたの売ろうとしている
商品やサービスと、お客さんがすで
によく知っているものと関連づけて、
商品の理解度を高めるものです。


このように簡単にできて、実践
すればすぐに結果につながるような
心理的トリガーはたくさんあります。


使えそうなものはこちらにまとめ
てみましたので、ぜひ、チェック
してみてください。


心理的トリガー:
http://virtualinformer.com/download/trigger.pdf



心理的トリガーと合わせて、以前、
私がプレゼントしたマーケティング
の心理学も合わせて見ていただけると
理解度が高まると思います。


何のこと?という方のために、
一応、リンクを載せておきます。


マーケティングの心理学:
http://virtualinformer.com/download/marketing.pdf




posted by すすむ at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

ブランディングを作る為には・・・

今日も読者さんからのご質問にお答え
したいと思います。


いただいた質問はこちら

------------------------------

いつも貴重な情報を送っていただき、
ありがとうございます。

小山さんから頂くレポートはいつも
教科書的に参考にさせて頂いてます。

いつでも質問は大丈夫ということで
したので、今日は質問のメールをさせ
て頂きます。

私はアフィリエイトを始めてちょうど
1年になります。

有料の教材もいくつか買って、実践
しているのですが、思うような結果を
出せてません。

もちろん、最初からいきなり稼げると
は思ってませんが、なんとか稼げるよう
になりたいです。

色々と他の人のブログやメルマガなど
を見て自分なりに分析しているのですが、
やはり自分にはブランディングが足りて
ないのではと思ってます。

やはりブランディングは重要なのでしょうか。

ブランディングについて何かアドバイス
をいただけると幸いです。

お忙しいと思いますが、どうぞよろしく
お願いします。

------------------------------

ご質問ありがとうございます。

アフィリエイトを1年、継続して
続けられているとは素晴らしいと
思います。


慌てず、焦らず、諦めず。


これが大切なので、ぜひ、頑張って
いただければと思います。


ご質問はブランディングについて
ですね。


それではご質問にお答えしたいと
思います。


まず、結論から言うと、自分を
ブランディングすることはとても
大切です。


ご存知の通り、ブランディングを
することによって、いろんな恩恵
を受けることができます。


例えば、

・知名度を上がる
・信頼性が増大する
・自分のポジションを確立する
・収益増加を可能にする
・人を引きつける
・価値が付加される


といった具合です。


では、実際にブランディングを築く
にはどうすればいいのでしょうか。


それには色々な要素がありますが、
一番の近道は知覚的な品質を高める
ということです。


知覚的な品質とは、その名の通り、
お客さんが感じる総合的な品質と
いうことです。


分かりやすく言うと、お客さんの
頭の中にある品質を高めるという
ことです。


例えば、高級ブランドで有名な
ルイ・ヴィトンであれば、

・高級感
・耐久性
・伝統
・ステータス
・デザイン力
・品質力
・流行性

このような知覚価値があります。


それ以外にも自動車メーカーの
トヨタであれば、


・技術力
・品質力
・信頼性
・安全性
・環境対応性


などの知覚価値が挙げられます。


大切なのは、このようにお客さん
の頭の中にいろんな価値を認識さ
せるということです。


ですが、そのことを分かっていても、
実際にいろんな知覚価値を認識して
もらうには、時間もかかりますし、
難しいのが現実です。


なので、まずは商品やサービスの
品質を高めることから取り組んで
いただければと思います。


商品やサービスの品質が悪ければ
いくらブランディングされていても
収益につながりませんので。


ブログやメルマガ、レポートなど
一つ一つ価値を高めていくことが
大切です。


自分をブランド化する方法を詳しく
知りたい場合はこの本を手に取って
いただければと思います。


きっと、参考になるはずです。


パーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す

posted by すすむ at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

サイトを改善するときの注意点

今日も読者さんからの
ご質問にお答えしたいと思います。


ご質問の内容はこちら

------------------------------

いつも楽しくメールを読ませていただいてます。

いつもご質問には的確に回答していただけるので、
今日も質問のメールをさせていただきました。

最近、ブログアフィリエイトの反応が悪いので、
ブログをリニューアルしようと考えています。

小山さんもデザインやレイアウトを変更されたり
することがあると思いますが、何か意図があって
のことだと思います。

リニューアルにあたって、何か注意した方が
いいことなどがありましたら、教えて頂けます
でしょうか。

------------------------------

ご質問ありがとうございます。


ブログのリニューアルにあたっての
注意点についてですね。


それではお答えしたいと思います。


結論から言うと、注意したいのは、
ただ、闇雲にリニューアルしても意味
がないので、しっかりアクセス解析を
して改善点を明確にするということです。


これはブログに限らず、ホームページ
やネットショップなどすべてに当ては
まることですが、


リニューアル = 売上アップ


とはならないのが正直なところです。


もちろん、何かのデータにもとづいて
リニューアルという結論になったので
あればいいのですが...


もし、そうでないのであれば、きちんと
アクセス解析をする必要があります。


例えば、


・何人がブログに訪問したのか
・訪問した人は記事を何ページ見たのか
・どのリンクが一番、クリックされているのか
・メルマガ登録者の割合はどれくらいなのか
・ページをどこまでスクロールしているのか
・クリックされていないリンクはないか


などです。


これ以外にもチェックする項目は
ありますが、とにかくサイトの状況を
把握しないことには、始まらないと
いうことです。


これは、けがをしている箇所が分か
らなれば治療できないのと一緒です。


クリックされてないリンクがあるので
あれば、そのリンクを外す。


下までスクロールされてないのであれ
ば、ページを短くする。


訪問者が見ているページが少ないので
あれば、目次などを作って、ページを
見やすくする。


このように原因が分かれば、原因に
対する改善も簡単にできます。


なので、まずは、リニューアルをする
前に今のブログの状況をしっかり把握
しなければなりません。


もしかしたら、バナーの位置を少し
変更するだけで売上が上がるかもし
れません。


では、どうやってサイトを解析
すればいいのでしょうか。


それはサイトの解析ツールを使う
ということです。


無料で使えるもので、有名なのは、
Googleアナリティクスというもの
です。


ですが、私がおすすめしたい解析
ツールはクレイジーエッグという
ツールです。


クレイジーエッグは視覚的にサイトを
解析してくれるツールで、アクセスの
状況やスクロールの状況などを分かり
やすく教えてくれます。


Googleアナリティクスと併用して
使っていただければ、サイトの解析
はこれで十分です。


posted by すすむ at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

売れるメルマガライティング

これはメルマガに限らず、ブログ
などでも使える方法なので、ぜひ、
活用していただければと思います。


いくらいい記事や内容であっても
読者の方に読んでもらえなければ
意味がありません。


例えば、記事の中にあるリンクや
記事の下の方にあるリンクがあまり
クリックされいないのであれば、
書き方を改善する必要があります。


ですが、基本的に読み手は、

・読まない
・信じない
・行動しない

と言われてますので、心配する
ことはありません。


では、読んでもらえるような
文章を書くにはどうすればいい
のでしょうか。


売れる文章を書く流れは基本的
に5つのステップです。


1、オープニング
2、ストーリー
3、スイッチ
4、クロージング
5、PS


それでは解説していきましょう。

------------------------------
1、オープニング
------------------------------

これは簡単な挨拶から始まって、
本題へつなげるための結びです。


いくなり本題に入るではなく、
このワンクッション入れることで、
読み手が本題に入りやすくなります。


近況報告やプライベートな情報
を盛り込むのもいいと思います。


ですが、ここで注意したいのは
オープニングが長くなりすぎない
ようにすることです。


あまりに長くなってしまうと、
タイトルとの関連性がなくなり、
逆に読まれなくなってしまいます。


長さに関しては読み手の反応を
見ながら調整することが大切です。


------------------------------
2、ストーリー
------------------------------

ここは本題の部分になります。


そして、本題にはストーリーを
持たせるようにします。


それは、人は昔から物語が好き
でストーリーがあると、文章に
入り込みやすいからです。


例えば、共感できる話や苦労話
から入って、問題提起をします。


そして、問題を解決する方法や
メリットを提示します。


ここで、読み手が求めている情報
や困っていることを話題にすると
共感が得られやすくなります。


内容が長くなる場合は、最初に
結論を持ってきたり、見出しを
つけてないと文章が理解しづらく
なるので、注意が必要です。

------------------------------
3、スイッチ
------------------------------

ここでは読み手に行動してもらう
ためにどんな人にメリットがある
のかを提示します。


例えば、こんな方にはおすすめです、
といった感じに具体的に行動して
ほしい人のターゲットを明確にします。


これを提示することで、読み手は
行動した方がいいといった感じに
行動へのスイッチが入ります。


人は自分にとって関係がないと
思った時点で行動しなくなります。


なので、どんな人にメリットがあ
るのか、誰に行動してほしいのか、
を提示することが大切です。


------------------------------
4、クロージング
------------------------------

ターゲットが明確になりましたら、
実際に行動を促します。


例えば、

・登録してください。
・見てください。
・ダウンロードしてください。


このように、明確に行動を促す
ような表現を使ってクロージング
します。


また、ここで限定性や希少性を
アピールしたり、メリットを再度、
確認したりするとより効果的です。


------------------------------
5、PS
------------------------------

この部分は追伸で、ヘッドライン
の次に読まれる部分になります。


ほとんどの人は最初の数行を
読んだあとに追伸を読みます。


なので、この部分に本文の中でも
重要な部分を入れるようにします。


追伸があるのとないのでは、反応
が大きく変わってくるので、必ず
入れるようにしましょう。


意味合いとしては、付け足しに
なりますので、あまり長い文章
ではなく、数行に要点をまとめる
ことが大切です。


いかがでしょうか。


これが基本的な文章を書く5つ
のステップになります。


文章の書き方次第で読み手の
反応が大きく変わってきます。


メルマガやブログなどで記事内
のリンクがクリックされない。


あるいは、読み手の反応が悪く
なってきたときはぜひ、試して
いただければと思います。


メルマガの書き方やレイアウト
などに関してはこちらも参考に
していただければと思います。

【誰も教えてくれない大切なメルマガの11のルール】
⇒ http://www.virtualinformer.com/course/index.html
posted by すすむ at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

差別化で稼ぐ

メルマガ読者から質問を頂き、
シェアした方がいいと思い
お伝えしますね。


自分から商品を買ってくれるのか、
そして、今から始めて稼げるのか
ということですね。


まず、結論から言うと、今から
始めても、稼ぐことは可能です。


でも、買うメリットがなければ購入され
ないというのは事実です。


つまり、アフィリエイトで稼ぐ
ためには、あなたから買うメリット
を明確にしなければならないという
ことです。


これはアフィリエイトに限らず、
どんなビジネスでも一緒です。


なので、お客さんに対して、誰も
提供してないような特別なメリット
を提供できないかを考えなければ
いけません。


例えば、


・何か独自の特典を用意する
・購入者へのサポート
・購入者限定のメルマガ
・自分の情報図書館へのアクセス権利
・本などのプレゼント
・商品の解説動画やオーディオ

 ・
 ・
 ・

などなど。


このように、自分が提供可能な範囲
で、お客さんがあなた以外の誰かから
商品を購入することがデメリットと
思うような圧倒的にメリットの多い
オファーを考えます。


もしかしたら、鋭いあなたはこの
方法は他の人もやっているから、
これだけでは差別化できないのでは...


そう思うかもしれませんね。


確かに有効的な方法として、使われ
ているのは事実です。


なので、ここで大切になるのが、
見込み客との関係性です。


これは見込み客との関係が深ければ、
深いほど購入に大きく影響してくる
というものです。


アメリカのBazaarVoiceが出している
消費行動の調査データでは、


・65%は知り合いの薦めで購入
・27%は専門家の薦めで購入
・8%は有名人の薦めで購入


と言っています。


つまり、関係性の深い人からの
紹介で商品を購入する人が大半を
占めるということです。


独自のメリットを打ち出すこと
も大切ですが、見込み客としっかり
コミュニケーションをとって信頼
を築くことで、それこそが差別化
になるということです。


コミュニケーションの上に信頼、
信頼の上にビジネス。


当たり前と言えば当たり前のこと
ですが、意外と忘れがちなことでも
ありますので、ぜひ、参考にして
いただければと思います。
posted by すすむ at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

売り込みメルマガだけではダメ

うざいメルマガについて


というのも最近、メルマガを始める
人が多いせいか、売り込みばかりで
内容のないメールがとても多いです。


・メルマガ = 売り込み
・メルマガ = 迷惑なメール


実際、このように思っている人も
多いと思います。


そうならないようにするためには、
メルマガが迷惑扱いされる理由と
その対処法をしっかり学ぶ必要が
あります。


これは個人が発行するメルマガでも、
企業やネットショップが発行する
メルマガでも考え方は一緒です。


そして、その答えはメルマガを
読んでいる読者さんを想像して
みれば、自然と分かると思います。


例えば、こんな感じです。

------------------------------

一人暮らしの27歳、男性、サラリーマン。

一日の仕事を終えて帰宅。

時計の針は9時を回っている。

“お腹が空いたので、風呂よりも先に飯にしよう”

ご飯の準備をしながら、パソコンとテレビの
電源を同時にオン。

お気に入りのサイトをチェックして
いたら、あっという間に1時間が経過。

“ヤバい、明日の早いのに...”

“早く飯食って寝ないと...”

同時進行で、iPhoneでフェイスブック
をチェックしながら、やっと遅い夕食を
食べ始める。

そして、“あっ!”と思い出したように
パソコンのメールソフトを立ち上げて、
メールをチェック!

友達からのメールにその場でサクッと返信。

続いて、仕事関係のメールに目を通す。

“緊急で返事が必要なものはなさそうだ”など
と思いながら、最後に迷惑メールを処理。

自分で購読したメルマガが、今日もわんさか
届いているなぁ...

件名と差出人で判断しながら、バンバン
削除していく。

この作業が一番、面倒くさい!

手がすべると大事なメールも間違って、
一緒に消してしまいそうだ...

覚えのないメルマガが何十通も届いてるけど、
これ本当に俺が購読したのかよ!ムカつく!

挙げ句の果てには、どうせ売り込みだろ!と
言ってメールを一切読まずにオール削除。

------------------------------

いかがでしょうか。


こんな具合に、精魂込めて書き上げた
メルマガは読まれることなくゴミ箱に
葬られてしまうわけです。


これは極端な例かもしれませんが、


基本的にメルマガの事を考えながら
過ごす人や次はいつ届くんだろうと
ドキドキ、ワクワクしている人はいな
いと思った方がいいです。


読者さんは日々の生活で忙しく、
売り込みメールなどに時間を費やし
たくないと思っています。


メールをチェックするときは、
ブラウザのタブをいくつも開いて
いるし、もしかしたら、YouTube
を再生中かもしれません。


もちろん、携帯もチェックしてるし、
テレビの電源も常にオン。


さらには、突然の来訪者や子供の
夜泣き、妻の小言、夫の関白ぶり、姑
のいじわる、ご近所のマダム友達から
フレンチ食べ放題のお誘いなど。


ざまな案件が次々と飛び込んで来る。


そんな多忙な日々の中で、届く売り
込みメルマガの優先順位は最下位と
いうことです。


では、どうしたらいいのでしょうか。


まずはこの3つをやることです。


1、読みやすく書く
2、一方的な売り込みをやめる
3、次も読ませたいと思わせる


ここで大切なのは、ほぼ100%
売り込みと思われないようにする。


そして、メールを読むたびに、


・勉強になったなぁ
・面白かったなぁ
・ヤル気が出てきた
・また次回も楽しみだな


と感じる内容を送るということです。


欲しいと思ってない人に売るのは、
とても難しいです。


ですが、欲しくなった時に真っ先
に頭に浮かぶ存在になるのは意外
と簡単です。


まずは欲しいと思ったときに思い
出してもらえる存在にならなければ
いけません。


メルマガで売るぞ!という意気込み
ではなく、役に立つ情報を書くぞ!
という気持ちで書くと、けっこう
うまく行くので試してみてください。

posted by すすむ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

最速で成功する方法

最速で成功する方法についてです。


これからお話することはとても
重要な内容なので、ゆっくり読み
進めていただければと思います。


なぜなら、このことを知っている
のとそうでないのでは、成功する
スピードが全く違うからです。


おそらく、私のメールを読んで
くださっているあなたは経済的な
成功を手に入れたいと思っている
ことと思います。


そして、そのために自分でビジネス
を始めたり、今のビジネスを大きく
しようとしていると思います。


もちろん、最速最短で成功できる
のであれば、それに超したことは
ないですよね。


では、どうすれば最速で成功する
ことができるのでしょうか。


それは、邪魔となるものを最小限に
押さえて、誰からも邪魔をされずに
一定時間、集中するということです。


もっと分かりやすく言うと、自分
の力を最大限に発揮できる状態で、
集中してビジネスに取り組むという
ことです。


残念なことにほとんどの人はこれ
ができていません。


なので、成功するのに時間が、
かかってしまうわけです。


もちろん、今、やっていることを
継続してやっていけば、いつかは
成功することができると思います。


ですが、最速で成功したいと思うの
であれば、やっていることではなく、
やり方を変える必要があります。


どう変えればいいのかというと...


一日の始まりに一番、重要なこと
をやるということです。


なぜなら、中断するものや邪魔な
ものが入らず、一番、エネルギー
が高い状態だからです。


そして、これは心理学や科学的に
も立証されていることです。


これには意思の力というものが、
関係しています。


意思の力については色々な解釈が
ありますが、


簡単に言うと、やり抜くための
燃料のようなものです。


そして、意思の力はとても少なく、
すぐに無くなってしまいます。


一時は熱のあったヤル気がしぼん
でしまう...


これも意思の力が足りなくなって
しまうからです。


ほとんどの人は1日の始まりや
心理的な葛藤で意思の力を無駄
に消耗してしまいます。


例えば、


このメールに返信をしないと...
でも、先にこれをやらないと...


といった葛藤です。


なので、意思の力が消耗する前
に一番、大事なことをやる必要
があるわけです。


一日の始まりにメールを見ない、
電話も出ない、誰とも会わない、
ただ大事なことをやる。


最速で成功するのであれば、
この習慣がとても大切です。


また、意思の力については、
このような実験結果もあります。


その実験内容とは...


------------------------------

2つのグループにとても感情移入しや
すく、ドラマチックで、暴力的な重い
シーンのある映画を見てもらいます。


1つ目のグループには、映画を見るとき
に感情を押さえるように指示します。


もう1つのグループには、ただ映画を
見てください、とだけ指示します。


映画が終わったあとに複雑な数学の
問題を解いてもらいます。


感情を押さえて映画を見たグループ
のテスト結果は最悪でした。


普通に映画を見たグループは、1つ目
のグループと比較して、段違いにテスト
の結果がよかった。

------------------------------


というものです。


何が起こったのかと言うと、感情
を抑えさえようとしたために1つ目
のグループは意思の力を消耗してし
まったわけです。


繰り返しになりますが、意思の力
はとても貴重ですぐに無くなって
しまいます。


なので、意思の力が無くなる前、
つまりは1日の始まりに大事なこと
をやる。


そして、その時に邪魔になるよう
なことを一切、遮断する。


メールも見ない、電話も出ない...


これだけで、今までよりはるかに
効率良く、やるべきことが片付い
ていくと思います。


とても大切なことなので、ぜひ、
試してみてください。


メルマガ等も発行していますので
興味があればそちらの方もお読みください。

http://www.virtualinformer.com/mailmaga/af/index.html



posted by すすむ at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。